そしてこれらの限られたランゲ1は永遠のテーマを持っています:ランゲの本当の美しさを解釈すること。

2019年はランゲにとって特別な年で、25年前、ランゲはランゲ1シリーズを発売しましたが、これはブランドにとって非常に意味があります。今年、この特別な日を記念して、ランゲは興味深い方法で祝います:毎月25日に、25 LANGE 1記念時計の限定版。そしてこれらの限られたランゲ1は永遠のテーマを持っています:ランゲの本当の美しさを解釈すること。

       ドイツとドイツの分裂の間、フェルディナンド・アドルフ・ランゲの孫であったウォルター・ランゲは、いつの日か彼が再びランゲの名で美しくなることを願って、決して彼の夢をあきらめなかった。見ろ。ドイツの再統一後、彼はすぐに新しい時計工場を設立しました。彼の計画は非常に明確です:ランゲ時計の最初の新時代はランゲ歴史懐中時計の伝説的な品質を持っている必要があるだけでなく、時計製造の分野で新しい基準を設定する必要があります。結局、LANGE 1が誕生しました。

      どのようなシリーズがブランド名の後に名前を付けることができますか?置き換えが難しいものがあるはずです。 Lange LANGE 1シリーズの25周年を記念して、秘密を明らかにしました。象徴的な風変わりなダイヤルデザインがダイヤルデザインの新たな波を切り開きます。文字盤上に表示される偏心配置はランダムに積み重ねられておらず、各ディスプレイの中心点の組み合わせは二等辺三角形を形成することができる。二等辺三角形は黄金分割法にも適用されます。つまり、ダイヤルの組み合わせの美しさに疑問を呈する必要はありません。さらに、そのようなソートは、表示が互いに重ならないようにし、そして読みやすくする。

         大きなカレンダー表示は、1桁と10桁の2つのセクションで構成されています。 2つは交互に上下に回転し、互いのギャップはわずか0.15 mmであり、組み立て技術は火の精密技術に従って完成することができます。実際の日付を正しく表示するために、1桁のダイヤルと10桁の十字ダイヤルは異なる大きさで進みます。
 
        大きなカレンダー表示ウィンドウは、LANGE 1シリーズのもう一つの重要な機能です。それは有名なドイツの建築ドレスデンゼンパーオペラの有名な5分のデジタル時計に触発されています。カレンダーは、同じサイズの時計の約3倍の数値サイズで表示されます。ズームインしても時間情報の取得が難しくなりません。同時に、これはランゲ1シリーズの象徴的なデザインとなっています。

         今年発売された最初の3つの限定版LANGE 1シリーズの腕時計を振り返ってみると、それらはすべて同じ特徴を共有しています – シルバーホワイトダイヤルデザインと補助カラースキームとしての青。 18Kホワイトゴールドのケースは精巧に磨き上げられ、ダイヤルのディテールはブルーのスチール針と大きなカレンダー番号を含むオールブルーで、ストラップにはブルーのアリゲーターストラップも付いています。 3つの限定版記念LANGE 1シリーズの腕時計は、ブランドの細心の注意を払って作られた時計によってエレガントに作られています。

        今日、毎月25日に、私はようやく4年目の25周年記念日の発表を待ちました。最初の3つの限定版記念ランゲ1シリーズの腕時計の発売後、4番目の記念ランゲ1腕時計は前の一般的な方向を続けました:偏心、大きいカレンダー、青。

ローマン・ゴティエ プレステージ HMS TEN

ケース径:41mm
ケース素材:ローズゴールド
防水性:30m
ムーブメント:手巻き、Cal.HM、毎時28,800振動、60時間パワーリザーブ、22石
仕様:裏リューズ

 これまで、ローマン・ゴティエのイベントは招待制のものが中心で開催されてきましたが、ジュウ渓谷伝統の手仕上げの施された素晴らしい作品の数々や、スイスの高級時計産業におけるパーツ仕上げの美しさの根幹である面取りの工程を、より多くの方々にご覧いただくため、ブランド初のスペシャルイベントが開催されることとなりました。ローマン・ゴティエ フェアはタカシマヤウオッチメゾン 東京・日本橋にて2018年6月6日(水)から6月26日(火)まで開催されます。伝統的な面取り工程の実演は2018年6月16日(土) 午後2時、午後4時(各回約1時間)が予定されています。

 ローマン・ゴティエは2005年に創業されたスイス・ジュウ渓谷の高級時計ブランドです。創業者であるローマン・ゴティエはスイス高級時計産業発祥の地であるジュウ渓谷の伝統的な時計作りの継承者であり、同時にエンジニアのバックグラウンドを活かした理論的なアプローチを伝統的な時計作りと組み合わせることで世界の時計愛好家から高い評価を得ています。2013年にはジュネーブウォッチメイキンググランプリのベストメンズコンプリケーション賞を受賞しました。すべての時計はムーブメントも含めてローマン・ゴティエ本人により設計され、彼の指揮の下、自社工房にて仕上げまで行われます。極めて高いレベルの仕上げを有するのが特徴です。年間生産本数は約60本です。

グラハム クロノファイター ヴィンテージ ノーズアート 2018年限定モデル 2CVAS.B27A.L138F

Ref.:2CVAS.B27A.L138F
ケース径:44mm
ケース素材:SS
防水性:10気圧
ストラップ:カーフレザー、ディプロイメント・バックル
ムーブメント:自動巻き、Cal.G1747、毎時28,800振動、48時間パワーリザーブ、28石
仕様:時・分・秒表示、スモールセコンド、日付表示、クロノグラフ(30分積算計)、ブラックダイアル、ドーム型サファイアクリスタルガラス風防(両面無反射コーティング)
限定:世界限定100本

「クロノグラフの父」と言われるジョージグラハムの精神を受け継ぎ、1995年、エリック・ロト氏によって設立された「グラハム」。彼の“NOT EVERYBODY’S WATCH(通好みの時計)”という哲学から生まれた代表的モデル「クロノファイター」は、第二次世界大戦中、防寒用の分厚いミトングローブを着けた爆撃機パイロットのために開発されたシステムに基づき、左側の巨大なトリガー型プッシュボタンが特徴的です。一目でグラハムと分かる個性的なデザインで、デビュー以来、多くの時計ファンを魅了してきました。

 飛行中でも親指で迅速に操作ができるよう、トリガー形の大型プッシュボタンが特長となっている「クロノファイター」はグラハムの象徴となっています。創業者であるエリック・ロト氏は、アートにも深い造詣を持ち、時計のデザインや色使いにもこだわりを持っています。彼のクリエイティブな発想を生かし、1940年代の軍用機に描かれたミリタリールックのピンナップガールをデザインした『クロノファイター ヴィンテージ ノーズアート』が2017年に生み出されました。35mmという小さなダイアルに、ハンドペインティングで細やかに描かれたピンナップガールのデザインは、多くの人を魅了しグラハムが他のブランドとは違う発想力を持ち合わせるブランドであると認識づけられました。世界各100本限定の販売という事もあり、全てのモデルが世界的に人気となり、多くの方から好評を得ました。

 2018年も多くのお客様の期待に応えるべく、伝統的なノーズアートに描かれる4人のマスコットガールがダイアル上に登場します。2018年のテーマは1950年代の「Rock n’ Roll」。音楽をイメージしたピンナップガールたちは、リンダ・クロエ・ベル・ルシアと名付けられ、いずれもキュートでセクシーなガールズです。今回も2017年と同様、世界限定で各100本の限定モデルとなっており、2018年8月1日より発売が開始されます。

オリス ビッグクラウン ポインターデイト 754 7741 4064 5 20 65

オリス ビッグクラウン ポインターデイト 754 7741 4064 5 20 65

  オリス ビッグクラウンの誕生80年を記念して、ビッグクラウン ポインターデイトのスタイリッシュなコレクション(40mmと36mmの2サイズ展開)を発表。1938年に作られたオリジナル版のスピリットをモダンなパッケージで再現したものとなっています。

ケース径:40.00 mm(1.575インチ)または36.00 mm(1.417インチ)
ケース素材:マルチピース ステンレススティールまたはブロンズ
ストラップ: ダークブラウン/ライトブラウン/ブラックのレザーストラップ+ステンレスバックル(またはブロンズバックル)、またはステンレススティールメタルブレスレット+ステンレススティール製フォールディングクラスプ
防水性:5気圧
ムーブメント:自動巻き(レッドローターによる両方向巻上げ)、Cal.Oris 754(ベースSW 200-1)、38時間パワーリザーブ
仕様:センター時分秒、ポインターデイト針、クイックデイトチェンジ、ファインアジャストメント、ストップセコンド、バブルカーブサファイア風防、両側ドーム型、内面無反射コーティング、ステンレススティールまたはブロンズのねじ込み式リューズ

  オリスがパイロットのための腕時計を初めて製造したのは1910年代初頭のことです。最近発見された記録には、ケースにブレリオ機の浮彫が施された懐中時計(写真左下)――どうやら、1909年にフランス人のルイ・ブレリオが成し遂げた飛行機によるドーバー海峡横断がモチーフになっているようです――が示されています。

  その後、1917年にオリスは初めてパイロット向けの腕時計を製作します。これは安全装置を備えた革新的なものであり2時の位置にあるボタンを押さないかぎり時間を調整できないようになっていました。

  そして1938年、オリスのパイロットウォッチコレクションを決定づけることになる「ビッグクラウン」が誕生します(写真上)。手袋をはめたパイロットのことを考えて、飛行中に手袋を外さなくても時間調整ができるように、大きめのリューズが使われていました。また、後にオリスのトレードマークとなるポインターカレンダーも備わっていました。

  以来80年にわたって、オリスはパイロットに向けた数々のデザインとイノベーションを発表し続けており、古きよき飛行機乗りの精神とモダンなデザインが融合したパイロットウォッチを製造するメーカーとして、世界的に高い評価を得ています。

ダニエル・クレイグ着用モデル シーマスター ダイバー300M マスター クロノメーター 210.32.42.20.06.001

Ref.:210.32.42.20.06.001
ケース径:42mm
ケース素材:ステンレススティール
ストラップ:ブルーラバー
防水性:300m
ムーブメント:自動巻き

セラミック製のダイアルにはレーザー加工で波模様がえがかれ、同じくセラミック製のベゼルにはホワイトエナメルでダイビングスケールが施されている。ラバーストラップモデルはアクティブなシーンにも連れ出したい。

  オメガの新しい「シーマスター ダイバー300M」のキャンペーンに、ダニエル・クレイグが 登場します。このキャンペーンでダニエルは、実際にタキシードを着たまま水に飛び込み、 びしょぬれになりながらもスマートに「シーマスター ダイバー300M」の高い適応力をアピールしています。 オメガにとって、新しい「シーマスター ダイバー300M」の顔となるのは、ダニエル・クレイグしか考えられませんでした。才能ある俳優であり、オメガの親しい友人であるダニエル自身も、オメガの意向と今回のユニークな撮影に快諾しました。

  ブラックタイの洗練されたスタイルと、遊び心がうまくブレンドされた今回の新しいキャンペーンは、オメガの新作である「シーマスター ダイバー300M」の個性を実に良く捉えています。 この時計は、フォーマルな場面からいきなり海底に移動することも厭わず、その魅力を放ち続けるのです。

  このキャンペーンは、すでにオメガ オフィシャルサイトでも始まっており、「シーマスター ダイバー300M」にフォーカスした動画などもご覧頂けます。また、オメガのYouTubeチャンネルでは、ダニエル・クレイグがこの時計をまとい、タキシード姿で華麗に水中に姿をあらわす動画もご覧頂けます。

A. ランゲ&ゾーネ ダトグラフ・アップ/ダウン“ルーメン” 405.034

A. ランゲ&ゾーネ ダトグラフ・アップ/ダウン“ルーメン” 405.034

Ref. 405.034
ケース径:41.0mm
ケース厚:13.4mm
ケース素材:プラチナ
ストラップ:手縫いアリゲーターベルト(ブラックのレザーにグレーのステッチ) 、プラチナ製ピンバックル 
ムーブメント:手巻き、Cal.L951.7(ランゲ自社製)、ランゲ最高品質基準準拠、手作業による組立ておよび装飾、五姿勢調整済み、素材の特性を生かした洋銀製の地板および受け、ハンドエングレービング入りテンプ受け医師数、46石、脱進機 アンクル脱進機、調速機 耐震機構および偏心錘付きテンプ、ランゲ自社製ヒゲゼンマイ、毎時18,000振動、スワンネック形バネと側面にある調整用ビスにより微調整可能な速度調整装置、60時間パワーリザーブ(完全巻上げ状態)
仕様:時、分、ストップセコンド機能搭載スモールセコンドによる時刻表示/プレシジョン・ジャンピング・ミニッツカウンター搭載フライバック・クロノグラフ/パワーリザーブ表示/アウトサイズデイト 

  A.ランゲ&ゾーネは1999年に発表したダトグラフで、クロノグラフムーブメントの新標準を確立しました。そのフライバック機能により、4時位置のボタンを1回押すだけで計時を一旦中断するや、間髪入れずに次の計時をスタートするという連続計時が可能になりました。この希少な機能は時間を節約につながります。普通のクロノグラフでは停止、帰零、計時再スタートという3つの手順が必要ですが、フライバック機能なら1回の操作で済みます。

  クロノグラフのプレシジョン・ジャンピング・ミニッツカウンターは、クロノグラフ秒針が60秒目を刻んだ瞬間、つまりゼロを通過すると同時に一目盛り先に進みます。たとえその瞬間に計時をストップしても、分積算針はきちんと1分をカウントするのです。この複雑な機構により、容易に正確に計時できます。2012年に発表されたダトグラフ・アップ/ダウンは、昔ながらのコラムホイール制御式クロノグラフに改良を重ねただけでなく、完全巻上げ時には60時間あるパワーリザーブの残量を知らせる機能も備えています。6時位置に配されたパワーリザーブ表示がそれです。3日目に小さな三角形の針が赤いエリアに入ると、ムーブメントにエネルギーを補給する時期が来たことが分かります。

  サファイアクリスタルのシースルーバックからは、454個の部品で組み立てられ、丹念な装飾模様が施されたダトグラフ・アップ/ダウン“ルーメン”の手巻きキャリバーL951.7の美しい姿がのぞきます。ランゲが独自に開発した偏心錘付きテンプは内製したフリースプラング式ヒゲゼンマイを備え、2.5ヘルツで、すなわち1時間に18,000回振動します。この振動数とダイヤル外周リングに合計300本ある分目盛りにより、5分の1秒単位の精度での計時を可能にします。直径41ミリのプラチナ製ケースにブラックのアリゲーターベルトとプラチナ製ピンバックルを組み合わせたこの新作を、200本限定で展開します。

ヴァシュロン・コンスタンタン トラディショナル・ツインビート・パーペチュアルカレンダー 3200T/000P-B578

ヴァシュロン・コンスタンタン トラディショナル・ツインビート・パーペチュアルカレンダー 3200T/000P-B578

Ref.:3200T/000P-B578
ケース径:42.0mm
ケース厚:12.3mm
ストラップ:グレーのミシシッピ・アリゲーターレザー、アリゲーターレザーによるライナー、手縫いサドルステッチ、ラージ・スクエア・スケール クラスプ プラチナ950製クラスプ、ポリッシュ仕上げの半マルタ十字
防水性:3気圧(約30m)
ムーブメント:手巻き、Cal.3610QP(ヴァシュロン・コンスタンタン自社開発・製造) 約4日間パワーリザーブ(アクティブ・モード、毎時36,000振動/5Hz)、約65日間パワーリザーブ(スタンバイ・モード、毎時8,640振動/1.2Hz)、64石
仕様:表示 時、分、瞬時切り替え式パーペチュアルカレンダー、パワーリザーブ、振動数モード ケース プラチナ950 サファイアクリスタルのシースルーケースバック、ジュネーブ・シール 取得、ゴールド製手彫りギヨシェ文字盤、18Kホワイトゴールド製アプライドインデックス、および時針と分針 ブラックに酸化させたゴールド製のパワーリザーブ
限定:ヴァシュロン・コンスタンタン・ブティックのみで販売

 プラチナで作られたケースは由緒正しいクラシカルなスタイルを踏襲しながらも、ハイ・コンプリケーションの威光を放つ「トラディショナル・ツインビート・パーペチュアルカレンダー」には、計算されたモダンな美的感覚が息づき、そこには古くから受け継がれる仕上げの技法も取り入れられています。

 ムーブメントのプレートブリッジにはコート・ド・ジュネーブの装飾模様に加え、NACという処理が施されています。このダークカラーのコーティングは、同じように見える他の表面処理に比べて格段に耐久性を向上させます。

 文字盤にはまさに18世紀に遡る技法のギヨシェ彫りとフロスト仕上げを現代的にアレンジし、その表面にクリーンな放射状のギヨシェ模様が刻まれ、サンドブラスト仕上げが施されています。この文字盤は、伝統と現代を完璧に融合するために、主要な部分を二つに分け、何工程も経て作られました。文字盤の中心部に、手彫りのギヨシェ模様で装飾したゴールドの部分を置き、それを取り囲む文字盤の外周はサファイアクリスタルで作られています。このサファイアクリスタルの部分にゴールド製のインデックスが配置され、さらに、レーザーエングレービングとインクの装填を行い、滑らかに連続して境目のない外観を作り上げています。

 クラシカルなケースに、現代的な美的感覚の文字盤とムーブメントとを調和させたその姿は、「トラディショナル・ツインビート・パーペチュアルカレンダー」の基調をなすテーマ、すなわち、時を超える革新によって道を開いてきたヴァシュロン・コンスタンタンの比類なき歴史的な専門技術を今一度強調するものになっています。

IWC ビッグ・パイロット・ウォッチ・ コンスタントフォース・トゥールビヨン・“プティ・プランス” IW590302

IWC ビッグ・パイロット・ウォッチ・ コンスタントフォース・トゥールビヨン・“プティ・プランス” IW590302

Ref. IW590302、IW590303
ケース径:46.2mm
ケース厚:13.5mm 
ケース素材:プラチナ(IW590302)、18K ハードゴールド(IW590303)
ストラップ:ブラウンのカーフスキン
防水性:6気圧
ムーブメント:手巻き、Cal.94805(IWC自社製)、毎時18,000振動(2.5Hz)41石、4日間(96時間)パワーリザーブ
仕様:パワーリザーブ表示、コンスタントフォース・トゥールビヨン、永久ムーンフェイズ表示、サファイアガラスのシースルー裏蓋、ねじ込み式リューズ、急激な気圧変化にも対応するガラス
限定:10本

 これらの特別モデルは、印象的なミッドナイトブルーの文字盤が特徴で、アントワーヌ・ド・サンテグジュペリの「星の王子さま」に捧げられたものです。これは、フランス人作家でありパイロットでもあった彼が執筆した、最も重要な文学作品です。

「ビッグ・パイロット・ウォッチ・コンスタントフォース・トゥールビヨン“ プティ・プランス”」(Ref. IW590302 およびIW590303)は、IWC初となるトゥールビヨン搭載のパイロット・ウォッチです。ハードゴールド製ケースとプラチナ製ケースのモデルが各10本限定で、それぞれ用意されます。

 このモデルで、IWCは初めてハードゴールドを採用しました。特殊なレッドゴールドであるハードゴールドは、洗練された製造工程で合金の微細構造を変化させています。従来のレッドゴールドよりも非常に硬度が高く、耐摩耗性も5 ~ 10倍と大幅に向上している為ビッグ・パイロット・ウォッチの大型ケースとリューズに非常に適した素材となっています。

ヴァシュロン・コンスタンタン レ・キャビノティエ・ミニットリピーター・パーペチュアルカレンダー 6610C/000G-B511

ヴァシュロン・コンスタンタン レ・キャビノティエ・ミニットリピーター・パーペチュアルカレンダー 6610C/000G-B511

Ref.:6610C/000G-B511
ケース径:42.00mm
ケース厚:10.44mm
ケース素材:18Kホワイトゴールド
ストラップ:ダークブルーのミシシッピ・アリゲーター、手縫いサドルステッチ、ラージ・スクエア・スケール、18Kホワイトゴールド製フォールディングクラスプ、ポリッシュ仕上げの半マルタ十字
ムーブメント:手巻き、Cal.1731 QP(ヴァシュロン・コンスタンタン自社開発・製造) 、約65時間パワーリザーブ、毎時21,600振動(3Hz)、36石
仕様:時、分 パーペチュアルカレンダー(日付、曜日、月、閏年)、ムーンフェイズ 、ミニット・リピーター、ブルーオパーリン文字盤、ジュネーブ・シール 取得、マカッサル・エボニー(縞黒檀)製ナブカ素材で内装したワインディング装置付きレ・キャビノティエ・ボックス付属、修正ペン付属
限定:世界限定1本生産のユニークピース、時計裏面に《Les Cabinotiers》、《Piece Unique》、《AC》の文字を刻印

複雑機構を搭載する時計でありながら、ヴァシュロン・コンスタンタンは、この時計ならではのシグネチャーが上品な味わいや落ち着いた表情、その他のデザイン的な特質に宿るようにしました。直径42mmのホワイトゴールドもしくはピンクゴールドのケースは、どこまでもシンプルなラインに包まれ、このモデルが複雑時計であることを示す唯一の特徴といえば、ケースの左側に配されたミニット・リピーターのスライドボタンです。このボタンによって時刻を音で聴くことができるのです。

ポリッシュ仕上げが施されたゴールドのケースが放つ輝きが、ミッドナイトブルーやブラウンに彩られた文字盤を引き立てます。日付、曜日、月の各位表示は文字盤上方に置かれて非常に見やすく、下方にはムーンフェイズ表示のためにたっぷりスペースが割かれています。ゴールド製の月は、控え目で美しい夜空を背景にした星々に囲まれ、ポエティックなダンスを続けます。

文字盤の各種の表示をこのように配置することによって、時計のフェイスに好ましいバランスと気品が生まれ、ブルーやブラウンの色合いがダイナミックでモダンな表情をもたらしています。